Webサイトの構造

Webサイトの構造は、主に「直線型と階層型、ハブ&スポーク型、ファセット型の4つに大別されます。
直線型(Linear)
もっとも単純なWebサイトの構造です。サイト訪問者を逃すことなく、矯入
や申し込みに誘導します。この最たるものが、スタートページがゴールになって いる 1ページ構成のサイトです。 商品数が少なく、商品の紹介から購入までのス
トーリーが完成している場合に有効です 。非常にシンプルな構造です。
スタートページに入ってきてもううことが、 SEO対策がとりにくくなります。

階層型 (Hierarchy)
小規模から中規模までのWebサイトでもっとも一般的な構造です。複数のサービスや情報を扱うのに向いていてどのページから入ってきてもゴールに導けます。 小さな構造から始め、扱うサー ピスや情報の増加にともなって構造を追加できるので、徐々に成長させていけるというメリットがあります。
開始する前に最終的な構造をイメージし、階層は4階層以内にとどめ、ゴールまで3クリック以内でたどり着けるよう導線を設計しましょう。

ハブ&スポーク型
Web (デジタル)特有の構造です。扱う商材にまとまりがなく、コンテンツ間には上下関係がありません。導線を計画的に設計できない場合に利用され、サイ
トが大きくなるにつれて網の白状の構造になっていきます。具体的には、日記的
なコンテンツの中で、日々気になった商品を紹介していくブログなどで用います。

ファセット型 
複数の検索条件で目的のコンテンツを絞り込む構造です。検索性に優れ、大量の商材を級うととに向いていますが、すべての商材が決まった条件で、抜け漏れなくグループ分けができないと利用が難しくなります。例えば、不
動産サイトのような、すべての商材がエリア、価格帯、間取り、築年数などの条件で分類でき、また紹介する物件が多いサイトに最適です。検索エンジン対策もとれるので、商材のジャンルが単一でかつ商材数が多い場合、非常に有効な構造となります。