http://www.peb14.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
ring
http://www.peb14.com/wp-content/uploads/2017/03/5.jpg
婚約指輪
http://www.peb14.com/wp-content/uploads/2016/12/cropped-4797e8d643b41fd7a29ae7a4ccc30858_m.jpg
ジュエリー

指輪の予算

いちばん気になるのが、「世間一般にどのくらいの婚約指輪を贈るものなのだろうか」ということのようです。これに対する答えは「人それぞれ、無理なく買える範囲で」ほかありません。世界最大のダイヤモンド・シンジケートであるデ・ピアス社が「婚約指輪はお給料の三カ月分」というキャンペーンを始めたのは、一九八一年のこと。これが見事に功を奏して、婚約指輪といえば給料の三ヵ月分の値段と皆の頭に刻まれてしまったようです。「だったら、お給料の安い若いうちに婚約すれば婚約指輪も安上がりだね」なんてせこいことを言う男性もいますよね。

実際のところはどうなのだろうか、とデパートや有名宝飾店の販売員の方に尋ねると「ダイヤモンドだったら三十万円から八十万円くらい」なんて、幅のある数字を出されてしまいます。こんなにピンからキリの数字を出されては目安になりませんが、どこもこのくら婚約指輪のトレンドの返事しか返ってきません。

あまり参考にはならないのを承知で、ダイヤモンドジュエリーのデータを紹介します。ダイヤジュエリー全般の平均価格19万3000円、婚約指輪の売れ筋価格30万〜50万円、ダイヤジュエリー全般の平均重量3万カラット、婚約指輪の売れ筋重量3万カラット。あるいは、ダイヤモンドの婚約指輪で最も売れている価格帯は、50五〜60万円台で、有名ブランドのものになると100万円を超えるものもよく売れているという数字も出ています。

いずれにしても、婚約指輪は無理して高額のものを買っても、それによってこれからのふたりの生活にしわ寄せがくるようでは、贈られる女性だってあまりうれしくありません。人がどの程度の婚約指輪を買おうと関係ないこと。負担にならない予算をたてることが第一です。

婚約指輪ですから資産としての宝石と考える人は少ないと思いますが、この価格帯のジュエリーでは残念ながら宝石そのものの価値はあまり考えられません。ダイヤモンドの価格は世界最大のダイヤモンド・シンジケートのデ・ピアス社がコントロールし、着実に上昇してきました。何かのときには安定した価格のダイヤモンドが大きな資産となるとよくいわれていますが、財産として通用するダイヤモンドは一カラット以上の良品質のものです。純度とグラム数で簡単に計算できる金と違って、ダイヤモンドは換金しにくいのが現状です。婚約指輪は資産として考えるよりも、デザインを重視して選ぴジュエリーとして楽しむのが本来のありかたでしょう。

いろいろ見ているうちに、女性に欲が出てきて目移りして〈ること、でしょう。良いものは、やっぱりそれなりに値段も高いもの。もうすこし何とかしてワンランク上のリングが欲しいと思うのが女心でしょうか。ついつい予算オーバーになりがちです。良い物を買うために、予算よりも上のクラスの商品を見てまわることは必要なことですが、大幅な予算オーバーは困りもの。せっかくのふたりの幸せのための記念品が、けんかの原因になってしまうことも:::。お金にいとめをつけない大富豪の御曹司と婚約するなら別ですが、宝石に目が睦んでしまう前によく考えて。良いものを手にする満足感と、これからのふたりの生活を天秤にかけて検討してみましょう。また、結納返しと同様に男性への半返しをしを考えると、女性だって負担は大きくなるのです。

いざ、結婚となれば思いのほか費用がかさむもの。できれば婚約指輪を分割払いにしたいと考える人もいること、でしょう。分割払いが可能な宝飾底店は多いのですが、実際のところ婚約指輪を分割払いにする人は少ないようです。「おめでたいものだから」とキャッシュやカードでの支払いがほとんど。そのくらいの資金は、結婚するつもりだったら貯えてあるのがあたりまえといったところでしょう。結婚してからも婚約指輪の支払いが残ってい たりしたら、ちょっと興ざめですよね。