内部リンク

抜け漏れなく内部リンクを張るためには、トップページから順番に、 1段階下のまとまりに対してリンクを張っていくようにしましょう。このようにすれば、内部リンクを張れるページが発生しにくくなりますし、利用者と
しても、リンクをたどっていけば、より詳細な内容に行き着けるようになり、利用しやすい導線にもなります。
キーワードを反映すると、より検索数が多く対策が大変なキーワードは、よりトップページに近い上層のまとまりに反映されることになります。それに対応するために、 より下層のページからは、自分に張られているリンクをトップページまでたどり、その間にあるすべてのページにリンクを張るようにします。こうすると、 トップページに近い、より重要なまとまりほど多くのリンクが集まるようになり、より重要なページと判断してもらえるように
もなります。

実際に最適なリンク構成を実現するためにはどうしたら良いのでしょうか。もっとも単純で基本的な方法は、パンくずリストを利用する方法です。

パンくずリストとは、利用者が見ているWebページがサイトのどこにあるかわかるように、上位の階層となるページをリストアップして順番に表示したリンクのことを指します。
利用者が今サイトのどこにいるのかわかるように設置するものですが、ページから対象ページまでの経路となるすべてのページにリンクが張られるので、結果として、検索エンジンに重要度を伝えるためのリンク醸成が実現されます。
ページの一覧や解説を作成し、1つ下の階層に従える全ページへのリンクを作成します。このリンクとパンくずリストによって、クローラが抜け漏れなくサイトを巡回できるようにたよります。また、 全ページ共通のメニューやサイドパーに主要ページへのリンクを追加することは、利用者が主要ページに行き着きやすくなるだけでなく、リンクを主要ページに集める効果もあります。ページ上部に表示するサイトの口ゴやフッターにトップページへリンクを集められます。
検索エンジンのクローラはリンクをたどってWebサイトやぺージを見つけるので、 すべてのぺージに必ず1つはリンクが張られるようにしましょう。