ページの追加

新規ページを追加する際の注意点は、以下の2点です。

  • 強化したい分野のコンテンツを優先する
  • 追加情報を上階層のページにも反映する
    内部リンクの集中は、 ページの相対的な重要度を伝えますが、まったく関係のない内
    容のページからのリンクはあまり評価されない傾向があります。そのため、パンくずリ
    ストを利用した下階層からのリンクを返す方法では、 より成果に直結する分野のコンテ
    ンツを優先して作成していくことが、より重要な分野の上位階層のページの相対的重要
    度を効率的に上げることにつながり、より早い成果に結びつきます。

    トップページや気に入っている分野のまとめページに 訪問することが多いので、 上位階層ページに新着記事一覧やおすすめ記事を用意して、下の階層にページが追加されたことを明示するととも大切です。リピータやファンは、検索エンジンに「ページが更新された」と評価 して もらえる可能性は
    しっかり管理されているサイトと評価リンク先が追加されている ことで クローラの訪問頻度が高まる効果が期待できます。
    既存ページを修正する際は、下記の2点に注意が必要です。

  • 情報を変えたことがわかるようにする
  • 大きく変える場合は、新規記事の追加とセットで行う
    特に情報を伝える コンテンツにおいて、情報や結論が大きくかわる場合は、変更した部分を明記するか、新しい記事として追加し、過去記事との違いを比較できるようにしましょう 。価値のあるコンテンツは、利用者が何度も見ることが多いので、その度に情報が変わっていると、利用者を混乱させて しまいます。利用者を混乱させないためにも、しっかりと変更点を明示しておくことが大切です。

    作成しやすいコンテンツを用意する
    営業や休業などの情報、お勧め商品や新着情報だけでは更新頻度が保てない場合は、
    関連する用語の辞書や事例紹介などを作成するのも良い方法です。用語集は情報鮮度が
    修正作業がほとんど必要なく、わかりやすければ参照元として外部リンクも集まりやすい傾向があり 、Webサイトの評価を高めるとともに、順位を安定させてくれる可能性があります。また、事例紹介は独自のものを提供できれば、オリジナリティが高く評価される可能性があります。