コンテンツ拡散

Twitter やFacebook などのSNSは爆発的に情報を拡散させ、短期的な効果ではありますが非常に大きな集客力を持っています。Web サイトを成功させるために、SEO対策のマイナスにならない範疇で、 SNSの共有を狙うことはできるでしょうか。
現在人気のFacebook やTwitter では、会社の人や取引先、そしてその先の人とつながる人が多くなり、 SNSのつながりはかなり公的でオープンなものになっています。
このつながっている人の変化は、共有される情報にも影響を与え、変化させています。

つながりがオ―プンになった現在では、より一般受けする情報が共有されやすくなっています。特に、多くの人に知識がある」「センスがある」と思われる情報が共有されやすい傾向があります。それに対応するには雑学的要素があるコンテンツを制作し、 共有時にタイムラインで表示されるタイトルに、「ニュース性」や「雑学的要素」を反映することが大切です。

SNS で拡散されることによるSEO対策の効果はどうでしょうか。

一時期GoogleもSNS からのリンクやいいねの数を評価対象にしようとしていましたが、個々の利用者のプライバシー設定や運営母体の設定によりクローラが巡回で きなくなってしまうため、現在は評価対象にしていません。しかし、 SNS を介して拡散されたその先から張られるリンクは評価の対象になる ので、 SNS によって拡散されるととも、最終的にはSEO 対策につながります。
SNS におけ る紹介や評価はSEO対策に影響しませんが、拡散されることで、他メ ディアから外部リン クが集まりやすくなり、結果、 SEO 対策の効果が高まります。