クロール

クローラがすべてのページを漏れなく巡回できるようにし、反映するキーワードの難易度に合わせた内部リンクの張り方で検索エンジンに各ページの重要度を伝えられるよう になったら、最後にしっかりと検索エンジンが認識できるコンテンツを作りましょう。内部リンクを用意することで、検索エンジンに抜け漏れなくすべてのページを
認識してもらえるようになり、それぞれのページの重要度も伝えられるようになっても、検索エンジンが対象ページの内容を認識できなければ意昧がありません。 検索エンジンは、 Webで利用される全てのものを認識できるわけではないので、正当に評価してもらうためには、しっかりと検索エンジンが認識できる要素でコンテンツを制作する必要があります。

一般的に検索エンジンはテキス卜をベースに処理します。そのため、コンテンツがクロールされ、インデックスに登録され るようにするには、テキスト形式で作成する必要があります。 検索エンジンにコンテンツの内容をしっかりと伝えるためには、基本的に HTMLで記述したテキストを中心としてコンテンツを制作する必要があります。

現在Googleは、ほとんどの形式のページやファイルをインデックスに登録できるとアナウンスしています。しかし、同時にテキスト以外のあらゆるファイルについて、同じ内容のテキストを提供する必要があるともアナウンスしているので、 テキスト以外の要素のコンテンツを利用する場合は、検索エンジンがアクセスできるように、コンテンツをテキスト形式に置き換えたものも提供しましょう。Googleも動画ファイルはク ロールできませんし、 Google 以外の検索エンジンのためにも扱いには注意が必要です。