キーワードの競合チェック

キーワード選定作業の最後はリストア ップしたキーワードの競合チェックです。競合チェックでは、Google が設定するWebページの重要度を示す指標の 1つ PageRankを参考にします。まずPageRankを確認できるように、Google ツールをインストールしましょう。ただし、 Google ツールは、 Internet Explorer6以上でしか利用できないので、それ以外のブラウザを利用される方は、ほかのアドオンを利用しましょう 。
少し前から、キーワ ー ドの反映方法において注目されるようになってきている文脈と共起語について触れておきます。
共起語とは対象のキーワードと 一緒に使われやすい言葉のことで、カメラならピント,シャッタ ー,撮影,写真などが共起語となります。そして、あるコンテンツでカメラというキーワードの対策を行う場合、ピント,シャッタ-, 撮影,写真などの共起語を適度に入れたほうが自然な内容と判断され、 検索工ンジンに高く評価されるといわれています。検索エンジンは文脈を理解できるのか。GoogleやYahooのあるアメリ力からスター卜するので、 SEO業界はいつもアメリ力の動向を気にしています。しかし、日本語はアメリ力で使われる英語とはかなり異なる言語であるため、アメリ力で実施された施策でも、日本語に導入されるまでに時間がかかるものが多々あります。調査データから、この文脈や共起語もその時間がかかるものの 1つであることがわかっており、完全に反映されるまでにはまだ時間が必要なようです。