SEO へようこそ
seo 対策
サーチ

検索エンジンが情報鮮度を重視するのは、対象の情報の正しさや価値が、時間によって変化するからです。時間とともに新しく、より価値のある情報が出てくるという場合は、更新頻度を保つために何をすれば良いか困ることはありません。 利用者のことを考え、現時点で価値のある情報を出していくことがSEO対策にもつながります。ただし、情報を更新する際は、「コンテンツ更新時の注意点」の通り、コンテンツは上書きせずに、蓄積していくことに注意しま しょう 。
更新する情報がほとんどなく情報鮮度も重要ではない場合、利用者にしっかりと運営していることを伝えなくてはいけません。
このようなことは、特にコーポレートサイトやショップサイトなどに多くありますが、
そのような場合は、まず、ニュースリリースや営業情報、休業日などの情報を更新して更新頻度を保つのが良いでしょう 。商品サイトなら、お勧め商品情報などの記事を作成して更新頻度を上げる方法もあります。よく、社長や社員のブログを作成しているWebサイトを見かけますが、内容が対策したいテ マと異なる場合は、ファン作りやクローラ対策にはなったとしても、サイト自体のテーマをぶれさせ、狙っているキーワードでのSEO対策の効果を下げてしまう可能性もあるので注意が必要です。また、外部リンクを集められるよう、 Webサイトを更新していることをしっかり伝えましょう。そのためには、 Webサイトのトップページに更新情報が表示されるようにするとともに、まとめて 覧できるペーシを作って、そちらに外部リンクを張ってもらえるようにしましょう。
Webサイトを定期的に更新することは、 SEO対策としても重要ですが、利用者をリピー 卜させ、定期的に利用してもらうためにも重要です。

格安SEOなら東京SEOメーカーがおすすめです。