http://www.peb14.com/wp-content/uploads/2017/03/2.jpg
ring
http://www.peb14.com/wp-content/uploads/2017/03/5.jpg
婚約指輪
http://www.peb14.com/wp-content/uploads/2016/12/cropped-4797e8d643b41fd7a29ae7a4ccc30858_m.jpg
ジュエリー

結婚指輪購入の時

婚約指輪や結婚指輪の購入時期は、、結納で男性側から女性側へ渡されるのが一般的なため結納の前が多いようです。でも最近では結納をしないケースも多くあります。よって必ずしも結納の時に贈るということにこだわることはないでしょう。

シーズンを当してみると春と秋のブライダルシーズンに婚約指輪や結婚指輪が良く売れます。。これも結納が結婚の半年前に行われることが多いことからうなずけます。それとボーナスシーズンにもよく売れます。。つまり、六、七月と十一、十二月に結婚指輪のニーズが集中していることになります。特に、12月は指輪店が繁盛するときです。最近では男性から女性に気軽に指輪をプレゼントするようになりました。その代表格ともいうべきクリスマスプレゼントです。また、女性も経済力がついてきたので、自分でジュエリーを買う女性も昔に比べて多くなりました、そして結婚指輪用に指輪を買う人がいます。これら三つの需要が重なって指輪店はかなり繁盛します。

とはいっても、混雑している時期もそうでない時期も指輪店のサービスや商品にかわりはありません。特別なモチーフを望むのであれば別ですが、結婚指輪は長く持つことを考えるのでオーソドックスなデザインを選ぶ人が多いです。自分達の経済的な都合で購入の時期を決めればよいでしょう。結婚指輪をつける指のサイズは、夏と冬では、若干夏のほうが指は太めになります。汗をかいてすべりが悪くなるためです。また、一日のうちでは、午前よりは午後のほうが少しむくんでいますが些細なことです。大幅にサイズが変わるわけではありません。何時間も水仕事をしたあとで手がふやけているという特別な状態でなければ、普段の生活の中では、結婚指輪のサイズのために季節や時間帯を気にすることはありません。大切なのは、結婚指輪に限らずよいものを見分ける目をもつこと。これは、にわかには身につかないので、普段からよい物を見て、商品を見分ける目を養うことが肝心です。まずはネットで探してみましょう。おすすめを記載しておきます。
おすすめ:結婚指輪のオーダメイドは、アトリエミラネーゼ